こんな塾になれたら・・・

塾を始める時どんな塾になることができれば嬉しいかなとよく考えていました。

夢や野望(笑)などノートいっぱいにいろんなことを書き出していましたがその中で一番大切にしたかったのは「ふと思い出してもらえるような場所であること」

 

卒業してからいつの段階でも構わないからふと「あぁそういえばこんな塾に通ってたな。」「なんかこんなことを言っていたな」と思い出してもらえるそんな塾で在りたいと思いながらこの8年間やってきました。

卒業生に塾に来て欲しいという意味ではなく、ほんの少しでも人生のなかの意味ある時間でありたいなと。勉強をめちゃくちゃ頑張ったという思い出でも構わないんでただ単に高校へ行くための「手段」だけにならないことを願っています。

中には大学合格・就職など嬉しいことを報告してくれるコ、数年ぶりに進路に悩んでいることを相談してくれるコ、本当に辛い時に塾を思い出し来てくれるコもいます。

 

藤わら塾は私の「こういう塾にしたい!」という強い気持ちで始まりましたが、今考えると塾に通ってくれる生徒たちによって作られた部分も大きいです。通ってくれている生徒たちにとって少しでも意味ある塾になるよう変化していったという意味で。

そして今もまだ、その時その時が生徒にとって一番意味ある場所になれるよう変化を続けています。

 

私の想い×通ってくれている生徒たち=「藤わら塾」

 

こんな感じでしょうか。

最近テスト週間ということもありいろんな学年の卒塾した生徒がふらっと寄ってくれている(もちろん連絡してくれた上でですよ)日々が続いていたのを見て、ちゃんとやりたかったことができているのかなと思い久し振りにブログを更新しました。

いよいよ明日で全塾生の定期テストも終了します。明日からはまた「新しいこと」を始めますよ!!

毎日の授業風景はこちらから