2019年新中学1年生募集中

自律型サポート学習とは

NO IMAGE

個別授業、集団授業、自習型、様々な勉強の方法があると思います。実際に藤わら塾でも多くの方法を取り入れてきました。それぞれに一長一短があり「これが答え」という勉強法はないです。どんな勉強法を選んだとしても唯一変わらない事実は「生徒本人が正しい方向へ勉強する時間があればあるほど結果になる」ということ。

授業をすることによって理解しやすくすることはできますが生徒の努力なしで成果が出たという話を聞いたことはありません。

藤わら塾では「自立」ではなく、「自律」を目指しています。生徒自身が目標を設定し、課題を見つけ克服する方法を考え乗り越えていける。塾の授業を通してそんな生徒になれることを目指してもらいます。

「中学生でそんな難しいこと・・・」と思われるかもしれませんが社会に出れば必要になるのは答えのないものを解決していく「自己解決能力」です。

もちろん急にすべてができるようになるのは難しいので「自分で考えるべき部分」と「サポートする部分」のバランスを考えながら段々とその比重を変えていく、その役割を塾が担います。塾の最終目標は「塾がいらない生徒になってもらうこと」です。

それが藤わら塾の考える「自律型サポート学習」です。