冬休み終了、「今」が勝負!

JUGEMテーマ:岡山 塾
 
長いようで短かった冬休みが終わりました。
僕は朝から晩まで授業を永遠としてたので休みという感覚があまりなかったですが、それでもやはり、年が明けるという意味では冬休みは特別なものだと思います。
お正月と言えば、年賀状を生徒の皆さんに送らせてもらいました。
ビラにも使っている似顔絵を「辰年」バージョンにしましたが、あまりにもみんなの反応が薄く、本当に届いたのかと心配しましたが、届いていたようで安心しました。。。(涙)
僕としてはみなさんに一言伝えられたので良かったと思います。
話を戻して、
「冬休みの宿題」
皆さんちゃんと終わりましたか?
まさかとは思いますが、今ドキッとしたひといませんよね?
ですよね。
最後の追い込み!!
なんて人もいないことを願います。
ここで一つ考えてほしいのですが。
「冬休みの宿題」

ってなんのためにやるんでしょう?
ただ単に提出するため。…というのは少し悲しいです。
僕の答えは
「授業が進まないお休みの間に今までの復習をして、自分ができるところ、できないところを確認してできなかったところは休みが終わるまでにできるようにしておく。」
です。
優等生すぎる気もしないでもないですが、やはりそう思います。
これは未来の自分に負担をかけないようにするためにも大切なことです。
「受験生になったら」「2年生になったら」「高校生になったら」
正直、相当難しいですね・・・。いや、たぶん無理でしょう。
考えてみましょう。
「明日になったらしよう!!」「来年こそは!!」
気持ちどおりになったことってありますか?
未来の自分に頼る前にまずは「今」の自分が頑張りましょう。
そうすれば、未来の自分はもっともっと頑張ってくれるはずです。
少ししんどい「今」を乗り越えて行ける。
そんな人になれるよう、「一緒」に頑張っていきましょう。