4月からの授業について

岡山市内でもコロナウイルスの感染者が出始めました。天満屋で感染者が出て休業の話を聞くとかなり身近に感じる方もいるのではないでしょうか。

東京都立の学校をはじめとして、福岡、熊本などでもゴールデンウィーク明けまで休校となり新学期の始まりもどうなることかあやふやな状況です。

仮に学校が再開されても学校内での感染が確認されると再び休校になる可能性が高いでしょう。

藤わら塾では現在授業を行なっていますが、仮に開校することが難しくなった場合には中学生についてはオンラインでの授業に切り替えていくつもりです。

藤わら塾では半年前からオンラインツールとリアルな授業の組み合わせを行なってきていますので生徒も利用方法に慣れている子が多いです。

また、授業方法も生徒に勉強方法を指導するところからスタートしますので「何をどう」勉強していくかについては生徒たちが理解しています。

急にオンラインになって何をどうしたら良いのか分からないということはほとんどないと思われます。

新中学1年生については入塾したばかりですので慣れるまでに少し時間がかかる可能性があります。ただ、昨年の中学1年生もほとんどの生徒がすぐに利用できていました。

万が一タブレットやケータイがない場合には貸し出しも行なっておりますのでご相談ください。

小学生の授業については振替、返金も含め各ご家庭にとっての最良の方法を選んでいただけるように考えています。

実際に3月1ヶ月間塾に1度も来ずオンラインのみで授業を受けた生徒もおりますが、毎日2時間程度決めた時間にアクセスすることで塾に来ていた時よりも勉強量自体が増えた子もいます。

「学校も塾もなくなって一体どこで勉強するの」とならないように致しますのでどうぞご安心ください。