時計(ストップウォッチ・砂時計)

勉強において「時間を計る」ということはかなり重要なことです。もし仮に勉強時間は長いのになかなか結果に結びつかないということであれば「時間効率」を意識するようにしてみてください。

制限時間内で結果を残すのがテスト

まず勉強の結果を披露する場は基本的にテストとなります。テストは必ず時間が設定されています。時々「あともう少し時間があったらできたのに〜」という声を聞きますが、これは大きな間違いでそれを言っている時点で大切なものが見えていない、もしくはそれを見ようとせず言い訳に逃げている可能性があります。そういったことを言った場合私はよく「そんな時間はないからね」といいます。少し冷たいように聞こえるかもしれませんが「設定時間内にどれだけ得点を積み上げていくか」というのがテストです。自分の思うように時間をかけて知識を披露する場とは違います。時間があったらと嘆いている隣できちんと時間内に結果を出している子もいます。時間内に結果を残している人に対して、自分の力はこんなものではない、本当はもっとできるのにと言ったところで評価としては変わりません。テストとはそういうものなのです。だからこそ日々の勉強、それこそ宿題の1問1問から時間を気ににすることが大切になってきます。

問題に悩む時間を決める

また、テストとは違う視点で考えると勉強時間についても時間を計ることは大切です。日々の勉強をしている時間が長いといってもその中でどれくらいが成長に繋がっているかは人それぞれ違ってきます。5時間中5時間すべて成長につなげることができる勉強の仕方がわっている人もいれば、ただ単に5時間過ぎるのを待っている人も中にはいます。

勉強とは5時間机に座ることを我慢するゲームではありません。成績UPにつながるよう、もしくは自分自身が成長するためにその時間をうまく使えるかどうかが問われています。

勉強の時間を計ることはこの点においてもとても重要です。特にできない問題にぶつかったときにどうやって時間を使うかに差が生まれます。辞書や教科書で調べたり確認するのもいいでしょう、付箋を貼って質問しやすい準備をしておくのも良いと思います。ただ、分からない問題を何十分も「う〜ん、う〜ん」と考え続けるのは正直言って、勉強時間、成長する時間には入りません。

私は「問題を解く際に悩む時間」を否定しているわけではありません。こうかな、それともああかなと頭と手を使って色々試している時間はむしろ成長のために必ず必要な時間です。ただそれと手が止まって何も分からないのに悩むだけを同等に考えてはいけないと考えています。

外から見るとどちらも「悩んでいる」時間ですが、この2つには天と地ほど差があります。塾の先生に見てもらう意味はこの判断をしてもらうことにあると思うほどとても重要で、なおかつ見分けにくいものです。家で「一生懸命勉強を頑張っている」のに点数が上がらないという時にはこの場合が多いです。

とはいえ保護者の方が隣で付きっきりで、「ここはもう少し悩もう」「ここは調べたり解説を聞こう」と判断するのは時間的にも難しいことなのも分かります。塾であれば判断できますが、勉強は塾だけでするものではないので最終的には子供自身が「これは質問しよう」「ここはもう少し粘って考えてみよう」と判断できるようになるよう伝え続けています。

その際に使うのがストップウォッチ。自分の意識とは別に客観的に時間を計り、◯分経って答えに辿り着けない場合は質問にいくというルール(仕組み)を作ります。そうすると永遠に悩み続けるということはなくなりますし、質問に来る回数も自然と増えていきます。よく「うちの子は質問することが苦手なのですが自律型学習で質問することはできますか?」と聞かれますが、こうした仕組みを作り「絶対に」質問しなくてはいけないようにすれば勇気があるないといった性格の部分に関わらず質問することができます。(というか「質問させられます」)また、質問と聞くとイコール「答えを聞く」と思われる場合もありますが、うちの場合の質問は「何が出来た、どこまでは分かった、その結果どこでつまずいていて何が分からない」ということを聞く時間です。質問に対して私は答えを教えるのではなく悩んだ部分の次のヒントを伝えるようにします。そしてまた自分の席に戻り決めた時間分悩んでもらいます。←この「悩み」が必要な方の悩み。

砂時計を使うのはより視覚的になるためです。本人も自覚できますが、それ以上に私が見ることができるので利用しています。10人同時に授業することもありますが砂時計を見ているとどのくらい悩んでいるのかがこちらからも確認できます。「悩んだフリ」を把握して質問に来させ何がどう分からないかを聞く、その上で本人にできる範囲で次のヒントや課題を出す。この繰り返しをしていくことが自律型のカギだと思っています。悩み出してからや、手が止まってからから砂時計をひっくり返すルールを決めている子もいるので砂時計をひっくり返した時が「悩み」の始まりと共通認識としている場合もあります。(この際砂時計の時間にも差があり、子供によって設定が違う。もちろんそのルールから卒業して自分で管理している子もたくさんいます。)

こうした点から藤わら塾では時間を計ること(自分を客観的にみること)は勉強において必須だと考えています。